お問い合わせ
お役立ち情報 ブログ メール会員

利用シーンが増えている「QRコード」の危険性

2021.11.17

今月は、「QRコード」の危険性について紹介します。
「QRコード」は、「WEBページ」や「電話番号やアプリのID」などの情報を簡易的に共有する手段として広く利用されています。他にも、「QRコード決済」や「電子チケット」などにも使用されていますので、「QRコード」を使用している方も多いと思います。
普段使っている「QRコード」ですので特に注意せずに気軽に利用することも多いと思いますが、そこにも危険性があります。
子どもたちも利用する機会が多い「QRコード」です。大きな被害が出る前に注意が必要ですので、紹介します。

QRコードの危険性事例(QRコード利用時)

10月下旬に上記のような記事がでました。

見知らぬ人からの
「僕達の新事業のQRコードを読み取ってもらえませんか?」
という声掛けからこの事例は始まっています。

QRコードからはWebページに繋がるケースが多く、以前紹介したフィッシング詐欺のページに繋がったり、ウイルスのダウンロードに繋がったりする危険性があります。
そのため、私としては「そんなことでQRコードを読み取らないだろう」と思いましたが

この続きは会員専用のコンテンツとなります。続きを見るためにはログインが必要です。
※会員登録、登録後の記事閲覧は無料です。

関連するお役立ち情報

スクールガーディアンのサービスについて

お電話でのお問い合わせ

0120-5464-77

受付時間 9:00〜18:00(土日祝除く)

ページの先頭へ