お問い合わせ
お役立ち情報 ブログ メール会員

誹謗中傷への対処法〜加害者・被害者になってしまった場合は?〜

2020.10.22

今年は、5月に報道のあった木村花さんの訃報から、SNS上での誹謗中傷に関して世間の注目が集まりました。SNSで簡易的なやり取りが可能となった現代において、一時的な感情で相手を傷つけてしまったり、時には相手の発信によって自分が誹謗中傷の被害を受けてしまうというケースがあり得ます。そこで今回は、SNSにおける誹謗中傷の加害者、被害者になってしまった場合の対処法についてお伝えします。

誹謗中傷の加害者になった場

SNSの発言により自分が加害者となった場合、相手が親しい友人であっても、まずは相手への謝罪が大前提になります。また、有名人を誹謗中傷してしまった場合は、SNSでの投稿が多くの人の目に触れているため、発言への批判が殺到し、いわゆる「炎上」状態に陥るケースが多くあります。その際は、以下のような対応が必要となります。

この続きは会員専用のコンテンツとなります。続きを見るためにはログインが必要です。
※会員登録、登録後の記事閲覧は無料です。

関連するお役立ち情報

スクールガーディアンのサービスについて

お電話でのお問い合わせ

0120-5464-77

受付時間 9:00〜18:00(土日祝除く)

ページの先頭へ