お問い合わせ
お役立ち情報 ブログ メール会員

オンライン行事のポイントとは?

2020.10.14

 文化祭シーズンになりましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で通常通りの開催を見送る学校が増えています。一方で、オンラインを活用した「オンライン文化祭」を開催するという話をよく耳にするようになりました。様々な工夫を凝らして生徒様の思い出に残る企画を行う一方で、「インターネットに生徒様の画像や動画をどこまで載せるべきだろうか」、「オンラインで行事を開催するリスクはどこにあるだろうか」というご相談が寄せられています。そこで本記事では、学校で開催するオンライン行事で画像や動画を取り扱う際のポイント例を紹介します。

①公開する範囲は「限定公開」がオススメ

例:閲覧できる人は生徒と保護者のみ

Youtubeのような動画投稿サイトでの公開範囲を「限定公開」として閲覧できる範囲を制限し、閲覧権限がある人にのみURLを配布する方法です。これにより広く一般の方の目に触れるリスクを抑えることが出来ます。ただし、閲覧権限がある人がURLを公開したり転載してしまうリスクも考えられますので、絶対に安全とは言い切れない部分もあります。

この続きは会員専用のコンテンツとなります。続きを見るためにはログインが必要です。
※会員登録、登録後の記事閲覧は無料です。

関連するお役立ち情報

スクールガーディアンのサービスについて

お電話でのお問い合わせ

0120-5464-77

受付時間 9:00〜18:00(土日祝除く)

ページの先頭へ